余った材料で小物を作ってみる(試作中)

オーダーを頂き、いろいろ作らせてもらっている中で、どうしても出てきてしまう端材。この端材、バッグを作るには小さすぎるし、サイズも質もバラバラ…ただ捨てるにはもったいないなぁと思い続けているうちにどんどん増えてきました。これはどうにかしないとと思い立ったのが、小物の製作でした。

カードケースやキーケース、パスケースなど小さなサイズのアイテムなら製作できるハズ。

ただ端材ですので、特に革はキズがついていたりすることがほとんどです。

そこで再染色やコーティング、革挽き等、いろいろ試してみました。

そうすることで十分使うことができる素材になると確信することができました。

↓これは、余ったクロコ型押しの牛革の端キレをつかってキーケースを作る途中の様子です。

小物のデザインやアイテムの種類は、まだまだ試作段階ですが、せっかくの素材を可能な限り無駄にすることなく、「使い切る精神」をモットーに今後も製作を続けていきたいと思います。